2018年4月 らんちゅうの育成

今月のはじめ、山田芳人さんかららんちゅうの卵の入った荷物が到着しました。

卵は、黒いネットに付着した状態で水の入った袋に入っていました。

後日、山田芳人さんから電話があり、この卵は4月5日に産卵したものとのことでした。
卵は、4〜5日後には無事孵化しました。

いつものように、孵化するまで卵は小型のガラス水槽で管理していましたが、1週間もしないうちに小さなプラ舟に引っ越しすることになりました。思ったよりも孵化した稚魚の数が多かったのです。

こちらが現在の稚魚たちのようすです。水換えのために洗面器に入れたところを撮影しました。

上の画像の稚魚を拡大してみたところです。こうしてみると、すでに尾が開いてきていることがわかります。そろそろ選別をしないといけない頃です。

明け二歳魚たちも、最近少し卵を産んだようです。

背中に小さな赤い点のある白い個体がメス、他の3匹はオスのようです。メスがオスに追われていたのでメスのお腹を押して確認しましたが、卵はあまり出てきませんでした。
あまり激しくオスがメスを追うようになると、メスがケガするのを避けるため飼育容器を分けなくてはなりませんが、今のところその必要はなさそうです。


2018年3月 らんちゅうの育成

3月に入ってから、昼間は暖かくなる日が多くなりました。先月まで寒かった分、よけいにそう感じるのかもしれません。
ところで、以前にもお話したかもしれませんが、弊社のらんちゅう飼育場所は直接日光があたらないところにあるので、気温が上がらないと水温も上がりません。よく言えば水温変化が少ない場所、ということになるでしょうか。
そんな場所でも最近はだいぶ水温があがるようになり、らんちゅうたちもよく泳ぐようになってきました。それに伴いエサをよく食べるようになってきたので、冷凍アカムシだけでなく人工飼料も与え始めました。

この日の水温は12℃弱。気温は16.5℃です。ちなみにこの水温計の日付と時間はきちんとセットしていないので、実際とは異なります。

この日の名古屋城のようすです。サクラが満開ちかくになってきています。開花も例年より早めだったようです。

人工飼料を与えるようになると水の汚れが早くなってきます。この飼育容器の水は撮影の前日に換えたばかりですが、もう結構汚れが目立ちはじめています。

ずっと食べていて慣れているからかもしれませんが、弊社のらんちゅうたちは空腹になると水面にあがってきてエサを探して口をパクパクさせます。なので、エサを与えるとこのようにすぐ水面に集まってきてエサを食べ始めます。

よく食べるからといってエサをあまりたくさん与えすぎると、まだ本調子ではない内臓に負担がかかり、調子を悪くしてしまうかもしれません。この時期はなるべく与えすぎないよう注意が必要です。とくに、この四歳魚たちは、昨年の水温の高い時期でもエサを与えすぎると調子を崩しやすかったので、他のらんちゅうたちよりも気をつかいます。

四歳魚たちといっしょに泳ぐこの三歳魚は、弊社内で採卵して育成した唯一のらんちゅうです。じつは昨年も採卵はしたのですが、孵化しませんでした。

今年、もし卵を産んで1000匹くらい孵化したら、その時は育成しようかと考えています。


2018年2月 らんちゅうの育成

1〜2月にかけては、例年よりも気温が低いと感じる日が多かったような気がします。弊社のらんちゅう飼育場所では飼育水が凍るようなことはありませんでしたが、それでも水温が0℃という日はけっこうありました。

水温の低い冬の間は、水換えはしないというのが一般的ですが、今シーズンは試験的に水換えをすることにしました。こちらは、昨年の当歳魚、明け二歳魚たちの現在のようすです。洗面器の数が足りないので、水換えのときはいつもこのプラスティックのコンテナに入れています。

この日の水温は6℃弱。気温は8℃弱です。

らんちゅうを飼育している容器の水を抜いたあとのようすです。ごらんのように容器の内側にコケはほとんどついていません。もちろん水は透明なままです。容器の底にはらんちゅうのフンがあります。じつは、少量ずつですが冷凍アカムシと人工飼料は毎日与えています。なので、このようにけっこうフンをしているのです。

コンテナに入れた明け二歳魚を洗面器に入れて撮影してみました。こうしてみると青水の中にいたわけでもないのに、意外と赤色の濃さを維持しています。ずっとエサを与えていたからでしょうか。

こちらは明け三歳魚たちです。水換えのときには、他の魚が洗面器に入っていたため、洗面器に入れて撮影した写真はありません。こちらもやせずきることもなくなかなか良い感じです。むしろ、肉が付きすぎて繁殖に影響が出ることになるのかもしれません。

昨年の夏に体調を崩して体色が変わってしまったこの個体も元気にしています。しかし、尾の張りがかなり弱くなってしまって格好が悪いのであえてこの角度からの撮影です。

明け二歳魚、三歳魚、四歳魚とも、これまでとくに体調を崩したりすることはありませんでした。このあと、春の繁殖がうまくいけば、こうした冬の管理(青水ではない飼育水で少量ずつの餌やり)でも問題はないのかもしれません。その結果は、また本ブログでご紹介したいと思います。


2018年1月「尾張優魚会 交換会」

2018年1月21日、愛知県清須市はるひ美術館において、山田芳人さんが会長をつとめる尾張優魚会の交換会が行われました。

昨年は雪が降ったため延期して後日開催となりましたが、今年は朝から風のない暖かな晴天となりました。

この日も多数の魚が集まり、お昼休みをはさんで2回に分けて入札が行われました。

会場に持ち込まれた魚を分ける作業をする山田芳人さん。

人気の魚にはたくさんの入札を希望の意思を表す紙が浮かべられていました。

この洗面器の魚はこんな感じです。

他にも、こんな感じの良魚が多数出品されていました。

今回、会場でとくに注目されていたのはこちらの3匹の黒らんちゅう。先月、本ブログでご紹介した山田芳人さんの魚です。

このような漆黒のらんちゅうは初めて見る、という方も多かったようです。


2017年12月 山田芳人さんのらんちゅう飼育

12月23日、3か月ぶりに山田芳人さんの飼育池を訪問させていただきました。
今年の山田芳人さんは、卵がいつものように採れなかったこともあり、飼育池には通常サイズの当歳魚と、この時期にしては可愛いサイズの6〜7月生まれの当歳魚が泳いでいました。

撮影のためのらんちゅうを選ぶ山田芳人さん。その後ろに飾られているどこかで見たことのある大きならんちゅうのイラストは、じつは山田芳人さんが手書きしたものを元にしたものだとか。ちなみに、「特選金魚の餌 星更紗」のイメージモデルの更紗らんちゅうはもちろん山田芳人さんの東大関獲得魚ですが、これを撮影したのは金魚専門誌を多数出版しているピーシーズの森 文俊さんです。

以前にお邪魔した際にはなかった品評会のらんちゅうの額縁が壁に飾られていました。まだまだ並べきれないくらいたくさんあるそうですが、正月休みの間には整理したいとおっしゃっていました。額物がかかるこの壁の向こう側には、アロワナなどの熱帯魚の泳ぐ大きな水槽と未使用の大型バイクが置いてあります。先日、岐阜県内のあるお宅の納屋にずっと置かれたままになっていたイタリアの名車、フェラーリ・デイトナが海外のオークションにて2億3千万円で取引きされたことが話題になりました。山田芳人さんのこの大型バイクも未使用のままずっと良い状態のまま保管しておいたら、もしかすると2億は無理でも驚くような価格になるのかも?

それでは、今回も当歳魚を中心に撮影させていただきましたのでご覧ください。中には以前ご紹介した個体も含まれています。








山田芳人さんのメイン系統の中から、今年はこんな全身真っ黒な個体が生まれました。このような真っ黒な体色をした金魚は、日本ではデメキンくらいしか継続的な繁殖は行われていません。このらんちゅうのように当歳魚のうちは真っ黒な個体でも、たいていの場合は親になる頃には赤くなってしまうことが多いのです。ちなみに海外からは「黒ランチュウ」として毎年多くの「真っ黒ならんちゅう」が輸入されていますが、日本のらんちゅうとは体型や尾の感じがちがっています。