2019年11月 らんちゅうの育成

今年も盛況だった11月3日の全国大会も終わり、らんちゅう飼育もこれからしばらくは休みの時期に入ります。
今年は夏から秋にかけて、全国各地で自然災害が多く発生しました。なんでも地球温暖化の影響で災害の規模は年々大きくなってきているのだとか。これ以上被害が大きくなることがないよう祈るばかりです。

さて、今年4月に山田芳人さんからいただいた卵から4月18日に孵化した当歳魚の今月のようすです。
8月の本ブログでは、「今年はどうやらこの二匹が最後まで残りそうです。」とお伝えしましたが、結局最終的には下の素赤の個体一匹だけになりました。あいかわらず、ちょっと寸詰まり気味で尾は傾いて付いていますが、頭・フンタンの具合はなかなか良い感じになりました。小さい時期からの「片腹」もあいかわらずです。

今回は、この素赤の個体の成長のようすをご覧いただきたいと思います。
まずは、5月26日(ふ化後38日)のようすからです。すでに、この時点で尾は傾いた感じですが、この1匹だけ他の魚とは少し雰囲気がちがっていました。写真では実際のサイズがイメージしにくいのですが、この時期はまだかなり小さく、画面上で画像を拡大して見るほうが細部までよくわかります。

6月30日(ふ化後72日)のようすです。
そろそろ色が変わり始めるかな、という頃です。頭が角張り、少しらんちゅうらしくなってきました。鱗がはっきりし、きれいに並んでいるのがわかります。

7月7日(ふ化後79日)のようすです。
上の写真の撮影から一週間しか経っていませんので、体型的にはあまり違いはありませんが、色がほぼ変わり終えています。

7月20日(ふ化後92日)のようすです。
体色は素赤になりました。これまで弊社で育成してきたらんちゅうの中では、素赤の出現はどちらかというと少ない方です。

8月19日(121日)のようすです。
肉瘤が発達してきて、巾も出てきました。この頃はからフンタンの発達が目立つようになってきました。

9月16日(148日)のようすです。
腰から尾びれの付け根にかけての部分の巾が出てきました。体色は少し濃くなったかな? という程度で、あまり変化はありません。

10月20日(ふ化後182日)のようすです。
写真では、そこそこ「秋の当歳魚」らしく見えますが、実際にはこの時点でまだ9月上旬くらいのサイズです。今年は例年よりエサやりを少し弱めにしてきました。そうしたこともあって小さめですが、成長不良というほどではないと思っています。

こちらは、これまで本ブログでこれまでご紹介したことはなかった当歳魚です。
弊社内で5月26日に採卵、5月29日にふ化しました。3000匹くらいふ化したと思いますが、それらしく育ったのはこの1匹のみでした。こうしてみると、オス親からの影響が大きいようで、頭は小さく瘤の出具合は弱め、尾の張りは強めです。背のラインは意外ときれいで、梶ビレは2枚揃っています。色が素赤で、頭がもう少し出てたらよかったのですが…

上の白の当歳魚のオス親です。尾型はしっかりしているのですが、頭が小さく、その上肉瘤の出具合がとても弱いので親としてどうかなと思いましたが、これしか使えるオスはいませんでした。

そして、こちらがメス親です。全身白になってしまっていますが、当歳の頃は更紗でした。頭の発達はとてもよいのですが、尾はオスとは真逆でとても弱いので頭部分のアップをとらえた写真を使用しています。


尾張優魚会 第二十五回らんちう品評大会

9月15日(日曜日)、愛知県清須市にある「はるひ夢の森公園」において、山田芳人さんが会長をつとめる尾張優魚会の品評会が開催されました。
今年の大会は朝から雲ひとつない晴天となり、真夏のような暑さとなりました。


今回は、各部門上位一匹ずつご紹介します。

親魚 優等賞
東大関
 野口 弘(半田)※敬称略、以下同

西大関 川口 功(尾張)

立行司 渡邊 昭彦(養老)

取締一 石黒 英明(南知多)

取締二 石丸 満春(佐屋)


二歳魚 優等賞

東大関 山田 重夫(津島)

西大関 西澤 広行(安城)

立行司 竹内 宏(名古屋)

取締一 高津 晴彦(可児)

取締二 大河内 正行(津)


当歳魚 大の部 優等賞

東大関 高津 晴彦(可児)

西大関 薮田 清(富山)

立行司 山田 重夫(津島)

取締一 渡辺 敦(犬山)

取締二 川面 和夫(茨城)


当歳魚 小の部 優等賞

東大関 村上 昌弘(愛媛)

西大関 谷野 人(石川)

立行司 伊藤 孝広(犬山)

取締一 稲葉 信泰(美浜)

取締二 鈴木 克己(静岡)


2019年9月 らんちゅうの育成

8月後半あたりから、ようやく少し気温が下がり始めました。しかし、少し前に梅雨明けがあったばかりなのに、また梅雨のときのような雨の多いうっとうしい日々が続いています。

8月に入ってから温度が高いせいなのか、二歳魚たちの色抜けが一気に進みました。7月にご紹介したこちらのオス個体はほぼ白色になってしまいました。

上の画像の個体は、6月頃はまだこんな「赤いらんちゅう」でした。

もし品評会への出展を目指していたら、色抜けはかなりのダメージです。色が白いと印象がまたっくちがったものになってきます。
別のオスの二歳魚の方も、白にはなっていませんがだいぶ色が褪めてきました。

上の画像の個体も、7月頃はこんな感じで今よりも濃い赤色をしていました。

色褪せも気になりますが、体が大きくならないのはもっと気になります。同じように飼育していても同腹のメスの二歳魚はどんどん大きくなっていきます。ところがオスは、色変わりしない黒の個体をのぞいてあまり大きくならないのです。最近、冷凍アカムシをまた与えるようにしているのですが、粒エサもアカムシもメスと食べる量が比べるとかなり少なめです。

4月に山田芳人さんからいただいた卵から4月18日に孵化した当歳魚たちの今月のようすです。
今年はどうやらこの二匹が最後まで残りそうです。素赤の個体は、ちょっと寸詰まり気味で尾が傾いて付いていますが、頭・フンタンは良い感じです。更紗の個体の方がクセが少なく素赤の個体より無難な感じはしますが、なんとなく欠点の多い素赤の個体の方が好みです。

ここからは親魚たちの食事のようすです。
与えているのはこちら、弊社製品「特選金魚の餌 星更紗 小粒」です。

まずは二歳のメス魚です。
この個体もオスの二歳魚たち同様、赤色が褪めてしまいましたが、体調はとても良く、体がどんどん大きくなっています。

この個体はとにかくよくエサを食べます。

こちらの黒のオスの二歳魚は、頭に赤が出てきましたが、それ以外はあまり変化がありません。腹はまったくつかず極端にほっそりしたままなので、まるで中国産の金魚のような印象です。

こちらも二歳のメス魚です。フンタンがもっとも発達しているのがこの個体です。体も二歳魚のメスの中ではもっとも大きく育っています。

こちらは三歳魚です。性別は不明です。今年は、産卵しているところも、メスを追いかけているところも見ていません。なぜか、この個体は赤色が褪せませんでした。

最後は四歳のオス魚です。この個体は体を大きく育てることができました。体の色は当歳の時から白でした。


2019年8月 山田芳人さんのらんちゅう飼育

3月に続き、今年2度目となる山田芳人さんのらんちゅう飼育池訪問です。今回はそのようすのご紹介です。

台風がやってくる前の連日の晴天続きで、山田芳人さんの飼育池のあるこのスペースもものすごい暑さです。これなら水温もとんでもないことになっているかと思いきや、水温計を見てみると27〜28度と意外にも低くちょっとびっくりです。

この時期、飼育池の内側に着いたコケは、このくらいは残されています。全部こすりとってしまうと、飼育数の濁りが目立つようになるのだそうです。

この日の早朝、当歳魚たちが産卵したそうです。今年は春の採卵が順調だったこともあり、ほとんどの当歳魚はすでに十分すぎるくらいのサイズにまで成長しています。あまり体が大きくなりすぎると、せっかくの良魚も秋の大会で活躍できなくなってしまいますが、だからといって与えるエサの量を減らしてもあまり良い結果は得られないそうです。

今回も、撮影用の当歳魚を洗面器に入れて見せていただきました。じつは、撮影個体以外にもいろいろ見せていただきました。あちこちの飼育池から、すばらしい姿に仕上がってきている当歳魚たちがそれこそポンポンと洗面器にあげられていまます。

今回は、当歳魚だけを5個体撮影させていただきましたのでご覧ください。


2019年7月 らんちゅうの育成3

7月下旬になってようやく梅雨があけました。足もとが雨で濡れないのは良いのですが、梅雨があけても湿度は高いままです。その上、晴れて気温があがるので不快感はむしろ梅雨のとき以上かもしれません。

さて今回は、4月に山田芳人さんからいただいた卵から4月18日に孵化した当歳魚たちのようすからご覧いただきましょう。
ある日の夕方、エサを食べているわけでもないのに当歳魚たちの呼吸が早いので、急遽飼育水を換えることにしました。すると少し水温が下がったこともあるかもしれませんが、すぐ呼吸はいつもの安定した状態に戻りました。もし水換えをせず、そのまま翌日まで呼吸の早いままにしていたら、当歳魚たちは具合が悪くなっていたかもしれません。水温が高い時期は水質の悪化が早いので注意が必要です。

ここからは二歳魚たちのようすです。
こちらは6月中旬にご紹介した個体で、画像もその時のものです。

その後、どんどん赤色は飛んでいき、1か月後の7月中旬はこんなに白の面積が増えてしまいました。

さらに、その1週後に撮影したのがこちらの画像です。たったの7日でますます白っぽくなっています。頭のすぐ後ろあたりの赤い鱗の変化をご覧いただくとわかりやすいと思います。このペースだと、もう少ししたらほとんど白になってしまうかもしれません。

上の個体といっしょの飼育容器で飼育中のこちらの個体は、とくに色がさめていくようすはみられません。

こちらの黒のオスの二歳魚は、ここまできて今さら色が変わらなくても良いのに、ついに頭の一部にオレンジ色があらわれ始めてしまいました。