2017年2月 山田芳人さんのらんちゅう飼育

昨年は本業の方がお忙しくなかなかご来社いただくことができませんでしたが、今年に入ってから山田芳人さんに社内で育成中のらんちゅうをみていただきました。その際、明け三歳魚たちについては「ずいぶん大きくなっていますね」とおっしゃっていただくことができたので、育成のペースとしてはまずまずといったところでしょうか。それ以外の課題はまだまだ多いのですが…

昨年は、水温の低くなる冬の間はほとんど餌を与えませんでしたが、今シーズンは以前から与えようと決めていました。通常、飼育書などでは「冬は与えない」とされていることがほとんどなので、まったく与えないという方も多いと思います。ただ、これは飼育水を青水にして冬越しできるということが前提です。うまく青水にすることができないと、金魚を良い状態に保ちながら冬越しすることはできません。真冬に青水の中を泳ぐ金魚たちがこうした植物プランクトンなどを摂食していることは、その緑色をした糞をみれば明らかです。つまり、飼育者が餌を与えなくても金魚たちは冬の間も食事はしているわけです。
ところが、社内の飼育スペースは日光が十分届く環境ではありませんので、たとえ青水をどこかから持ってきたとしても、とてもそれを維持することはできません。そのようなことから現在の飼育環境では透明な水で冬越しするしかないので、なんとかあまり痩せさせずに冬を越したい、というのが冬にも餌を与えようと思ったきっかけです。その結果については、また別の機会にご紹介したいと思います。

今回は、ここ10年の間に山田芳人さんが品評会に出展されたらんちゅうをご紹介します。ほぼ毎年品評会での撮影は行ってきましたが、そのほとんどで山田芳人さんのらんちゅうは上位入賞されているので、さがせばあちこちから山田芳人さんらんちゅうの写真がでてきます。写真をさがす作業をしながら改めてその「すごさ」を実感させられました。

こちらの親魚は、ご記憶の方も多いのではないでしょうか? 本ブログを始める以前の魚なので、この場でのご紹介は初めてです。

こちらの個体は全国大会での撮影です。画像の左上に「6」=東関脇の札がみえます。その後、山田芳人さんのご自宅でも撮影させていただきました。

こちらの個体は、以前本ブログでもご紹介したことがあります。安定感のある見事な尾形が印象的でした。


2017年1月「尾張優魚会 交換会」

2017年1月29日、愛知県清須市はるひ美術館において、山田芳人さんが会長をつとめる尾張優魚会の交換会が行われました。
本来は1月15日に開催されることになっていた同会ですが、大雪となったため延期となり、あらためて29日に開催されることになりました。
DSC_7805

幸い、今回は風のないおだやかな晴天となり、気温もあがって1月下旬とは思えないほどの暖かさでした。
DSC_7838

この日、会場に訪れた人の数は100名ほど。集まった魚の数もとても多く、200枚以上の洗面器が使用されていました。この洗面器には1〜3匹のらんちゅうが入れられていました。
DSC_7804

フンタンがとてもよく発達して目立っていた個体です。
DSC_7828

らんちゅうだけでなく、このように他の品種も出品されることも珍しくありません。前回はオランダシシガシラが出品されていました。
DSC_7772

じっくりらんちゅうを観察する山田芳人さん。この交換会では、誰でも希望するらんちゅうを購入することができます。希望者が複数いる個体の場合は、一番高い購入価格を提示した人が購入できる仕組みです。
DSC_7803

多くのらんちゅうの中でもひときわ注目を集めていたのが、左側の洗面器に泳ぐ更紗の個体です。水面に浮いている紙は、このらんちゅうの購入を希望している人が入れたもので、たくさん入っていればその魚は人気があるということになります。購入希望者は同時に購入価格を提示します。
DSC_7811

よく見たら、この魚には山田芳人さんも購入希望の意思を示す紙を入れていました。
DSC_7829

こちらが上の写真の個体です。メスのようでお腹がふっくらしていますが、とても体型、尾形ともに良い魅力的ならんちゅうです。
DSC_7812
まだしばらくは気温の低い季節が続きますが、会場内では「すでに産卵の準備を行っている」など、今年の予定についての話題があちこちで聞かれました。


山田芳人さんのらんちゅう飼育 2016年12月

11月の大会が終わり、12月に入ってからのらんちゅう飼育はすっかり「休眠状態」という方も多いのではないでしょうか? 実際、水温が下がってきて餌を与えることもなくなってしまうと、あれだけ忙しくやっていた水換えの回数もほんの数えるほどになります。
弊社の当歳魚たちも、最近はあまりその姿をじっくりと観察していません。

先日、弊社の「特撰金魚の餌 星更紗」シリーズの監修をお願いしている山田芳人さんから「2017年版らんちゅうカレンダー」が届きました。dscn7348
続きを読む


山田芳人さんのらんちゅう飼育 2016年11月

先日、Facebookではすでにご報告しましたが、弊社の「特撰金魚の餌 星更紗」シリーズの監修をお願いしている山田芳人さんが、2016年11月3日に開催された「日本らんちう協会 第六十一回全国品評大会」において、「親魚の部」で日本一の座を獲得しました。

n15_3616
n15_3629
続きを読む


2016当歳らんちゅうの育成 その18

しばらく「当歳らんちゅうの育成」は更新していませんでした。その間、台風が何度もやってきたり、天気の悪い日が続いたりとすっきりしない日が多かったようです。最近では最低気温がかなり低くなる日も増えてきています。

今回の「山田芳人さんから卵でいただいた当歳魚」です。
「一応本命」は、少し顔に幅が出てきたような気がします。しばらくエサが足りていなかったようで、サイズはあまりアップしていませんが、調子はわるくありません。

dsc_6259
続きを読む